メモのようなもの

映画と舞台の感想とか諸々

「この世界の片隅に」

★★★★★ 今年、日本映画の秀作率が高い1年でしたが年末にとんでもない作品と 出会えました。 泣ける映画はいくらでもあるけれど(涙もろい)、見たあとも定期的に涙が出て、 泣き疲れてしまうのはなかなかありません。 広島から軍港のまち・呉に嫁入りしたぽ…

「逃げ恥」が終わるのが悲しすぎる

あまり恋愛ドラマは観ないのですが今作はとても良い・・・ 若い人にとにかく共感されてるのが面白いなあ、と思ったりする。 私自身やっぱりとても好きなので色々と書いてみることにしました。 1.登場人物に悪い人がいない ドロドロドラマが流行るし、最近で…

君の名は

★★★★★今年見るべき映画!シンゴジラもだけれど。日本のアニメ映画といえば宮崎駿監督で、細田監督も新海監督もとても素晴らしいけれど、まだオタク向きとかから抜け切れていない印象でした。(時かけは違うけれど、あれはそもそも原作がきちんとあるので・・…

宝塚花組「ME AND MY GIRL」AもBもパターン

どっちも見たのに千秋楽直前に更新とかね!まずトップコンビの雰囲気がとても良くて観ていて幸せでした。意外?とかのちゃんがしっかりしてるからか内面的なバランスがとても良くて、それが舞台にあらわれているように感じられました。体格差、とかは女の人…

ファインディング・ドリー

今更ですが公開初日に観てきたので感想を書きます。ファインディング・ドリーは2003年に公開された「ファインディング・ニモ」の続編にあたり、何でもすぐに忘れてしまうナンヨウハギのドリーが主人公です。そういえばニモの影響ってすごかった。ピクサーの…

ファインディング・ドリー

今更ですが公開初日に観てきたので感想を書きます。ファインディング・ドリーは2003年に公開された「ファインディング・ニモ」の続編にあたり、何でもすぐに忘れてしまうナンヨウハギのドリーが主人公です。そういえばニモの影響ってすごかった。ピクサーの…

Documentary of AKB48 存在する理由

★★★☆☆AKB48のドキュメンタリーももう5作目?実は初日にファインディングドリーも観ているんですが、ひとまずこちらを。あまりに人物が遠いのでメンバーは敬称略で。今までとは変わって、監督は元NHKのプロデューサー石原氏に。彼はNHKでAKBをたびたび取り上…

エリザベート続き。

続きだよ!フランツ@古川雄大さんなぜ京本くんを見なかったか、単にスケジュールが合わなかっただけです。古川くんは1789でも思ったのですが知的で品があって線も細すぎなくて王子様感に溢れていてそりゃトートも命奪いたくなりますわ・・・え、シシィ追い詰…

2016年エリザベート@帝国劇場

2回だけしか見れなかったんですけどね。昨年よりもパワーアップしていて、見ているこっちまでエネルギーを使ったような気さえしました。キャストについて。シシィ@花總まり蘭ちゃん(蘭乃はな)も好きなんですが、やはりシシィといえば花總まり様でしょう。未…

TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ

★★★★☆公開延期を乗り越えてようやく。確かに見てみたらこりゃ延期になりますってレベル。本当にちょっとのシーンではあるけれど。長瀬智也さんは・・・ジャニーズです・・・本編前のいろんな映画の予告編で同じジャニーズの某君が参覲交代の続編でチヤホヤさ…

星組新トップコンビの発表。

1日空けずにかー、とも思ったけれどそんなもんなのかなあ。この度、星組 次期トップスターに紅 ゆずる、次期トップ娘役に綺咲 愛里が決定しましたのでお知らせいたします。なお、紅 ゆずる、綺咲 愛里の新トップコンビとしてのお披露目公演は、2017年1月6日…

貞子VS伽倻子

★★★★☆ めっちゃ面白かった!そして怖かった! 角川40周年記念映画でありそしてお祭り作品。 ホラーでこんなに笑えるってなかなかないのではないかと・・・ Jホラーといえばそのじわじわとくる怖さ、振り返ると奴がいる恐怖など 他国のホラー作品にはない恐…

デッドプール

★★★☆☆ マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント。好き勝手に悪い奴らをこらしめ、金を稼ぐヒーロー気取りな生活を送っ…

宙組エリザベートの配役!

まだデップーの感想書いてないのにね・・・本公演及び新人公演の配役が一気に発表されました。まず本公演、ゾフィーは安定の純矢ちとせ様。しっかりして強くて皇太后としての誇りを持った素敵なゾフィー様になりそう。そしてうららちゃんはマダムヴォルフ。…

ロイヤルナイト 英国王女の秘密の外出

★★★★☆ エリザベス2世、といえば 英国史にその名を輝かせる処女王ことエリザベス1世を超える 英国王室最長の在位年数を誇る現女王様。 御年90を越えながらも公務に忙しく、圧倒的人気を誇りながらも 孫が現在の奥様にプレゼントされたWIIに熱中したり、ま…

星組「こうもり/THE ENTERTAINER!」

この前の土日、観てきました。ひっっさしぶりに当日券に並んだのですが みんな何時から並んでるのか謎なレベルで朝早くから先客様がたくさん。休日に死ぬほど寝るようになってしまったのでちょいとしんどかった。オールして講義出たりアルバイトからの早朝練…

海よりもまだ深く

★★★★「海街diary」「そして父になる」の是枝裕和監督が、「歩いても 歩いても」「奇跡」に続いて阿部寛と3度目のタッグを組み、大人になりきれない男と年老いた母を中心に、夢見ていた未来とは違う現在を生きる家族の姿をつづった人間ドラマ。15年前に文学賞…

有楽町・日比谷の映画館をまとめてみた

完全に眠れなくて作ったやっつけ記事です。画像はないよ!気が向いたら地図とか色々編集する、かも。①TOHOシネマズ日劇このエリアでは恐らく1番メジャー級作品を扱っているかも。有楽町ルミネの上にあるので移動が面倒っちゃ面倒。でも広いしトイレも数多い…

ズートピア

★★★★★評判がとっても良いのでGWとレディースデイが被った奇跡に感謝しつつ行ってきました。動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台に、ウサギの女の子ジュディが夢をかなえるために奮闘する姿を描いたディズニーアニメーション。監督は「…

アイアムアヒーロー

★★★★☆スカッと爽やか!独り言を呟いちゃうアイツに一発キメちゃうゾ!マジでグロかったです(笑顔)健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(…

1789 観てきたはなし。

すごい、初めてのPCからの更新をしようとしたらまったくやり方がわからないぞ! とりあえず太字になるし斜めになる 今日はアフタートークショーもあるとのことで1789観劇でした。 Wキャストは ロナン:加藤和樹 オランプ:夢咲ねね アントワネット:花總…

妃海風様、退団発表

昨日のみっちゃんの発表を受けてもしかすると、とは思っていたけれど今日さっそく発表だとは思わなかったよ、風ちゃん・・・ 星組トップ娘役・妃海 風が、2016年11月20日の東京宝塚劇場公演『桜華に舞え』『ロマンス!!(Romance)』の千秋楽をもって退団す…

北翔海莉様、退団発表

ヅカ記事を書くのは久々。仕事の合間にふとスマホをのぞくと星組トップスター・北翔 海莉が、2016年11月20日の東京宝塚劇場公演『桜華に舞え』『ロマンス!!(Romance)』の千秋楽をもって退団することとなり、2016年4月27日(水)に記者会見を行います。い…

アイヒマン・ショー

★★★★★この感想を書くのに時間がかかったのはしんどすぎたり忙しかったりでして、まあとりあえず土曜、初日にヒューマントラストシネマ有楽町にて観てきました。ポスターはかっこいい。まずタイトルでもあるアイヒマンとはナチス統治下において、ドイツ親衛隊…

劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢

★★★★☆毎年公開されて、なんだか毎年周りの誰かしらは観ているコナン映画。なんと20周年!の記念作品でもあります。ドラえもん、ポケモンと並ぶ毎年恒例映画シリーズ、劇場で見るのは初めてでした〜最初にコナンが全く出ずに、FBIの赤井秀一(声がシャア)、公…

あやしい彼女(2016・日)

新年度も本格的に始まってきちゃったし途端に仕事が増えてぶっ倒れそう。残業代しか楽しみがない。あやしい彼女★★★★★多部ちゃん可愛い大好き(簡潔)あやしい彼女、元は韓国映画だけれど日本風にアレンジして製作されていて流れる曲も馴染み深いものが多い。見…

蜜のあわれ(2016・日)

ロフト様で売っている「ワナドゥ手帳」を使用し始めたのですが、読み返すと支離滅裂でドン引きしました。なので、やっぱりこっちもやろうかな・・・「蜜のあわれ」★★★★☆まず前提として、わたしは大正ロマンだとかレトロだとかが好きです。文化自体もそれに関…

宝塚月組「舞音」/「GOLDEN JAZZ」

すっかりアップするのを忘れていた。月組はいつの間にかマギーさんやコマさんが専科にいったり、龍さんが退団発表されたりして1年でずいぶん変わった気がします。とはいえ下級生にも良さそうな子が増えてきて、特に娘役の豊富さはなかなかだと思う。てなわけ…

宝塚星組「LOVE&DREAM」

新年最初に楽しい作品を見れました・・・!第一部はディズニー。夢の街へ行くふうちゃんと車掌みっちゃんでスタート。そこからが星に願いを→ハイホー→ミッキーマウスマーチ→ジッパディ〜→ビビデバビデブー→小さな世界のメドレーが素晴らしすぎる!気分はもう…

「デジモンアドベンチャーtri. 第1章」がエモすぎた

ここのところ、15〜20年前にやっていた女の子向けアニメのグッズが大人向けにアレンジして発売されたり、プライズが出たり、はたまた再アニメ化や原作の復刻もしている。どれも当時子供だった私には嬉しかったし今回のデジモン映画も待ちに待った感があった…

「杉原千畝」

先週観て、メモっていたのをまとめました。相変わらずの文章力の低さですが。今回この作品で何より評価したいのは、感動を前面に出していないところ。そもそも杉原氏はスパイ的な役割を担っていた事実を淡々と映している。昨今の杉原氏の偉業の紹介ではビザ…

宝塚花組「Melodia ー熱く美しき旋律ー」

感想書く前に二度目の観劇してた。今週はマイ楽なのでその前に〜〜 みりお体制になってのショーは初観劇でしたが、あっという間で楽しかったです。あんま中村B先生でお気に入り作品とかなかったけどこれは良かった。主題歌がとにかく耳に残るのは大事だなと…

「海難1890」

日本とトルコの友好125周年を記念して製作された。トルコの方はよくわかりませんが日本に関しては有名企業が数多くスポンサーとして名をつらね、かなり力を入れている模様。ストーリはエルトゥルール号の遭難とその後の島での話とテヘランでの日本人救出まで…

宝塚花組 「新源氏物語」

初日翌日、11/27に観劇して参りました。衣装の豪華絢爛さ平安貴族の華やかさたるや。ダイジェストすぎて、不完全燃焼感もあるけれど良かったです。とはいえ、たとえば出てこないなら末摘花や花散里の名前出さなくてもよかったのでは〜〜とか、結局ヒロインの…

two years later

アケカスソングだけどアケカスの話じゃないよ!2年前、11月17日は少し寒い日曜日でした。就活を目前にしつついつものようにバイトを終えたわたしは日比谷にいた。その日は宝塚花組公演の千秋楽。3人の退団者にとっては最後の宝塚の舞台だった。その中に…

「リボンの騎士」@赤坂ACTシアター

生田絵梨花さん最高!期待の舞台女優です!!というか、アイドル畑から舞台俳優になるととりあえずむやみやたらと叩かれがちなのですが、彼女に関しては今回それがなくてむしろミュヲタ(舞台オタではなく、某作品群ファンの方達)ほど高評価でした。ある程度…

「青い瞳」@シアターコクーン

人間の価値とは、感情とは。パッションもなかなか難しいお話だったけれどもこちらもまた。この舞台には、元も含め3人のアイドルがいる。上田竜也さん前田敦子さんそして、伊藤蘭さん。上田さんとあっちゃんはさすが目線などはアイドルだなさすがだな、と。…

宝塚星組 「ガイズ&ドールズ」

楽しかったー!お披露目はやっぱりこういう楽しく明るいものがいいなあ。大好きな音花ゆり様が退団されて寂しかったのですが星娘可愛すぎて安心しました。柚希礼音様トップ時代の熱さもきちんと残し、新体制に移行できていて何も不安のないお披露目でした。…

宝塚宙組 メランコリック・ジゴロ/シトラスの風Ⅲ@名古屋市民会館

ちょっと前なのであやふやなところもあるけれど〜 楽しかった!!!!! ぷらっとこだまで「あーしんどいぞこれ」ってなったけれど、行ってみたら楽しかった。名古屋最高!!松井玲奈様を生んだ地はさすがですね。まあ松井玲奈さん確かそもそもは名古屋市民…

エール!(2014・仏)

フランスの片田舎に住むポーラの奮闘を描いた作品。 ポーラの両親と弟は聴覚に障がいがある。だから会話は手話なんだけれど、その動きが生き生きとしている。3人それぞれに個性もあった。それはそれは仲良さそうな家族なんだけれど、とにかく下ネタがすごい…

エリザベート ガラコンサート初演キャストver(2012年)

エモい、とはエモーショナルの略で・・・というのは 置いておいて、アイドルだけではなく舞台においても「エモい」という感情が生まれることがある。 このガラコンもまたその一つだ。 1996年。震災の翌年、震災の被害を受け立ち直ってまもない歌劇のまちから…

「パッション」@新国立劇場 中劇場

2015/10/24観劇。 すごいすごいと言われている作品ですが、本当にすごい。 息をすることすらしんどくなるくらい 張り詰めた世界観。 そしてそんな世界を作り上げた役者陣の演技力・歌唱力。 ここまでメイン級に歌うまが揃うとこんなにも引き込まれるんだなあ…

メリーポピンズ(1964・米)

魔法の使えるナニーと姉弟の物語。ディズニーの実写作品の一つで、近年ではウォルト・ディズニーの約束という映画の鍵としても知られているけれど私はこの作品を今まで見ていなかった。親の教育方針上ディズニー作品はそもそもあまり見せてもらえなかったの…