読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモのようなもの

映画と舞台の感想とか諸々

妃海風様、退団発表

昨日のみっちゃんの発表を受けてもしかすると、とは思っていたけれど今日さっそく発表だとは思わなかったよ、風ちゃん・・・
 

星組トップ娘役・妃海 風が、2016年11月20日の東京宝塚劇場公演『桜華に舞え』『ロマンス!!(Romance)』の千秋楽をもって退団することとなり、2016年4月28日(木)に記者会見を行います。



私は添い遂げが正義とは思いません。美しいとは思うし、それもまたひとつの道だとわかっている。
でも、その人にはその人の人生があるわけで。役者としても人間としても。その人が同時退団を選んだことを評価するのは良いけれど、同時退団を求めたり残留すると親の仇のように叩いたり文句つけるのはどうなのかなあと、とっても清く正しく美しくから離れた人間の私は思ったり。
公式が美しいって言ったわけでも、102年の伝統でもないし、娘役は男役のためのものでもないはず・・・
男を立てることだけが価値だと、常に影にいろと女の人が言うなんて不思議だなあと思ってしまう。男役娘役が対等に存在すると夢を見れなくなる方もいらっしゃるんだろうし、人それぞれなんだけれど添い遂げ退団してほしい、美しいからって声を聞いたり見るたびにモヤついてたので思わず書いてしまいました。


話を戻してふうちゃんの退団発表、とにかくショック。
南太平洋での初ヒロインから気になりだした彼女、明るくて実力もあって大好きな娘役の1人だったふうちゃん。ヒロイン役もだけれどロミジュリ新人公演の乳母もとっても素敵で、そんな才能豊かなふうちゃんがみっちゃんと組むと知った時は実力派コンビの誕生日がとても嬉しかった。

でもみっちゃんにベタ惚れなふうちゃんはきっと同時なのかなとも思ってた。ことちゃんとの絡みも好きだからもっといて欲しかったけれど、それもまた彼女の生き方考え方だから応援するしかない・・・

翌日発表はびっくりしたけれどサッパリサバサバなふうちゃんらしくてもっと好きになった。


95期3人娘、個性が凄くて年明けの3人コーナーもとってもたのしかった!もっと観たかった!
実力もあってそれぞれ個性もある同期3人が同時にトップ娘役の地位にいたのはエモいよね(語彙力の欠如)

優等生ことちゃん、面白キャラのせおっちとの話はよく聞くし、セウォッチ風ちゃん回は泣かされそう・・・



でもまだまだ桜華まで日はあるし、こうもり東京これからだし、ふうちゃんの活躍たくさん目に焼き付けるしかない!!
湿っぽい話はまたその日に、それまではふうちゃんの1ファンとして応援します。