読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモのようなもの

映画と舞台の感想とか諸々

TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ

★★★★☆


公開延期を乗り越えてようやく。
確かに見てみたらこりゃ延期になりますってレベル。本当にちょっとのシーンではあるけれど。


長瀬智也さんは・・・ジャニーズです・・・
本編前のいろんな映画の予告編で同じジャニーズの某君が参覲交代の続編でチヤホヤされてるそのあとに!
あの真っ赤なお肌で「マザーファッカー!」って叫んでるけれど紅白常連グループのメインボーカルですよ?
一瞬忘れそうになった。
でも本当に歌がうまい!これだけ体を張れるアイドル、そりゃあ男性にも好かれるって。


一方神木隆之介くん。筆者の母は彼がテレビに出るたびに昔は天使だったと偉そうなこと言っていますが今も美形です。なのに陰キャラが似合いすぎる。
さのひなちゃんとペアルック着たりしだみらいちゃんとおデートしてるのに、似合う。
 

本当にクドカン節が効いてて面白い。
ドッカンドッカン笑わせてちゃんとホロリともさせるバランスは上手いです。さすが。
天国の描写がまあそうなるんだろうとは思っていたけれど予想以上につまらなそうなカンジでそれはそれでどうなんだと捻くれてしまう。
あと下ネタがかなりエゲツない。
デップーとは違うベクトルというか、10代男子みたいな感じというか。
好みは分かれるかもしれない、けど主人公の弟のアレはさすがに笑った。 

地獄専属のバンドのメンバー、長瀬さん以外も美男美女なのにやっぱり鬼メイク。
まあそれぞれ地獄に落ちる理由はあるのですが理不尽さもあったりして
そっちがとてもモヤモヤしてしまった・・・


存命か否かに関わらず有名人の名前を使いまくってるのですがおそらく一番笑いをとったのは情熱大陸なあの方とすんごくセクシーな写真を撮ることでも有名なあの方でした。まあ、日本人だしね。


エンドクレジットまで力が入っていて映画というよりコンサートやライブのドキュメンタリーを見ているかのようでした。
深く考えたりしなくても爆笑してスッキリして帰路につける作品だと思います。