読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモのようなもの

映画と舞台の感想とか諸々

2016年エリザベート@帝国劇場

2回だけしか見れなかったんですけどね。
昨年よりもパワーアップしていて、見ているこっちまでエネルギーを使ったような気さえしました。

キャストについて。
シシィ@花總まり
蘭ちゃん(蘭乃はな)も好きなんですが、やはりシシィといえば花總まり様でしょう。
未だに少女時代も自然で彼女は他の人類とは違う時の流れを過ごしていらっしゃるのかと・・・どこぞの漫画家先生のように。
そして歌声が昨年よりも強くなっていました。今もなお成長し続けるってすごすぎるし、だからこそ彼女は今の位置にいらっしゃるんだろうな。
「私だけに」はやっぱり素晴らしくて、鏡の間でも圧倒的。そしてルドルフの葬儀の場面での崩れ落ちそうになりつつも耐える姿、私が踊る時の誇り高い姿、ラストシーンでのすべてから解き放たれたような微笑み。
全てがシシィでした。
本当に、本当に、また舞台に戻ってきてくださって嬉しいです。娘役時代を生で観ていないから、今こうやって拝見できることがとても幸せです。


トート
ミュージカル界のプリンス、さすがの歌。声量も圧倒的で最後のダンスではショーストップが!
トートタイプというよりもそれこそ明るい太陽のようなお役が似合うイメージですが、シシィの愛を求める姿はとても納得できました。
井上さんは女優さんをヅカにおける娘役さんが男役さんにするそれのように立てていらっしゃったりとお芝居外での人柄がとても良いなあと思っています。花總さんへのレジェンド連呼も好きw
そしてご結婚おめでとうございます?

ビジュアルがそのまんま、トート。
端正で妖艶で。ただものすごく背が高いのでシシィと並ぶと本当に少女と悪い人みたいに見えたり見えなかったり・・・
氷点下のような冷たいトートがとてもよくお似合いだし歌も癖があるような気はしなくもないけれど上手いです。というかミュージカル経験は割とあるのにあまり知られていないようで・・・もったいない〜

フランツ
@田代万里生
ロイヤル皇帝。若かりし頃がとにかくロイヤルイケメン。そして歌も上手い。
このフランツとシシィならそりゃ息子もイケメンですよね・・・
本当にお母さんの言うことを聞いて、無垢に生きてきたフランツという印象。
だからこそ突然現れたシシィはもぎたてフルーツよろしくフレッシュだったのかも。

史実フランツに近い印象。歌はもう当然上手いんだけれど、早朝から仕事してた史実フランツらしさがありました。同時にシシィへの深い愛も感じられて、夜のボートでボロボロに泣いておりました、私が。
実際のフランツもずっとシシィを愛していたそうなんですが、夜のボートの表現や、悪夢のシーンでの必死さがそれを感じさせるマザコンで終わらない皇帝でした。


後のお役はまた。