読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモのようなもの

映画と舞台の感想とか諸々

劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢

★★★★☆


毎年公開されて、なんだか毎年周りの誰かしらは観ているコナン映画。
なんと20周年!の記念作品でもあります。ドラえもんポケモンと並ぶ毎年恒例映画シリーズ、劇場で見るのは初めてでした〜


最初にコナンが全く出ずに、FBIの赤井秀一(声がシャア)、公安警察の安室透(声がアムロ)、そして今回のゲストキャラ(声が天海祐希)のカーチェイス。
というスタートで、今回はアクションが結構多い印象。
OPのメインテーマはやっぱりこれがコナンなんだよなあと思わせてくれる上に映像のクオリティも高かったです。

大まかなあらすじとしては・・・
ゲストキャラがカーチェイス後記憶喪失になり、少年探偵団と遭遇し共に行動する中で灰原が「もしかして組織のNO.2かも」と疑い、それと共におなじみ黒の組織が動き出す・・・と同時にゲストキャラのカーチェイス前の行動によって組織に潜入した公安の安室、CIAの水無伶奈が狙われる・・・というもの。
つまり誰かが死んで謎を解く、という普段のコナン君とは一味違います。
その分、大人でも楽しめる良作でした。



ネタバレいきます


・赤井と安室がとにかくイケメン
顔も声もそもそもイケメンだけどね・・・自己の任務にきちんとプライドを持って遂行するのはやっぱりかっこいいと思いますよ、他のキャラもだけれど。
今回はこの因縁たっぷりの2人の格闘シーンが見れます。赤井さんのポーズが謎すぎると思ったのですが多分カンフーだろうか。というか格闘のタイミングがタイミングすぎて突っ込みたかった。
今回コナン並に活躍のおふたりですがこれでまた女性ファンも増えますね(下衆)
そうそう、安室さんは「あのキャラ」と意外な関係があって、それがクライマックス大きく影響してきます。伏線のようなものは本編で示されてたらしいですが言われなきゃわからなかった。


・ゲストキャラ声優が素晴らしい
コナンのゲストキャラ、といえば安定の芸能人。そしてここ数年とにかく芸能人が声をあてるだけで叩かれる傾向。それもわからなくはないのですが今回の天海さんは本当にうまかったです。
元が男役だったのもあるのか、普通の声と低い声をうまく使い分けていてもうその低い声がカッコいいのなんの。舞台畑の人は声当てるのも上手いイメージですが天海さんも同様でした。あとはキャラと天海さんの声がよく合っていたのでそれだけにラストは辛かった・・・


・やっぱり無能なジン
マジで解雇したほうがいいんじゃないか。いや、いつもよりは有能だった・・・かな?しかし黒の組織、スパイが多い。


・定番のアレがない
そう、アレです。
ヒロイン蘭ちゃんの、劇場版でおなじみのアレです。そして蘭ちゃんの敵も真っ青な戦闘能力も見れず・・・ぼかぁ、コナンで1番古い記憶は車の窓ガラスを脚で蹴飛ばして割る蘭姉ちゃんなんだよ(マジ)




それにしてもコナン、いくら少年探偵団がいるとはいえあんなに人があの世に行きまくるのに今もなおちびっこ向けに展開されているのすごいわね・・・