読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモのようなもの

映画と舞台の感想とか諸々

ロイヤルナイト 英国王女の秘密の外出

★★★★☆

 

エリザベス2世、といえば

国史にその名を輝かせる処女王ことエリザベス1世を超える

英国王室最長の在位年数を誇る現女王様。

御年90を越えながらも公務に忙しく、圧倒的人気を誇りながらも

孫が現在の奥様にプレゼントされたWIIに熱中したり、まさかの公式twitter

開設したりとそのアクティブかつオープンなお姿も話題に・・・

っていうのはwikiでも散々書かれていること。

今作では、実際に彼女が1945年の戦勝記念日にお忍び外出をしたエピソードを

脚色して作られたフィクションとしての女王の王女時代が描かれています。

 

 

 

 

 

公式サイトでもローマの休日の○年前、といういいかたをしているだけに

どことなくローマを意識した作りであることは伺えます。

とはいえ彼女は現実かつ現役なのであまりにぶっ飛んだ感じはない。

バスの中で出会ったジャックとの交流と同時に描かれるのは「いずれ女王になることへの自覚」でした。

記念日に沸き立ち、演説には聞き入る。高揚感はあって、だけれども単純なことではない知り、自分たちが豪華な食事をしている一方で貧しい中生きる国民の姿を見て彼女は統治者としての自我に目覚めていく。

たくさんのエキストラを投入しているからか高揚感はとても伝わるし、王女の成長がとても鮮明でした。

フィクションなのに、現在の王室のオープンさや女王のカリスマ的人気を見てなんだか納得できてしまう作り。

(孫である王子が自分より自分の生まれたばかりの子供のほうが髪がふさふさ、なんて言ってたのはオープンってレベルを凌駕してる感あってびっくりしました)

 

そして彼女の妹マーガレットもおちゃめで可愛い。世間を知らないからこその振る舞いにハラハラするけれども良い意味で姉のエリザベスと対照的。

姉妹のシーンはとってもキュートでしたよ。

 

彼女の父親、といえばあの「英国王のスピーチ」でも知られるジョージ6世ですが、

彼の演出や扱いも無個性化されておらずこっちも個人的にはポイントが高かったのですが、王妃がただのうるさいママになってしまったようでもったいなかったなー。

 

エリザベスと出会うジョージは軍服がとても似合ってイケメンでした(凡)

彼がどんな人物なのかはエリザベス視点でしか明かされないので一つ一つの行動が気になるし疑ってしまう。ただの一般的国民にしなかったからこそ王女の成長がよりわかりやくなったと思います。

 

あと、姉妹のお付きである兵士2人(一人は大尉だったかな)がすごく面白い。

そもそもこの二人が事件のきっかけなんですよね・・・王に無礼は働くし酔っ払うしいちいち笑わせてくれて面白かった。

 

少し残念だな、とおもったのはラストのあるシーン。

そこはなくてよかったのにな、と思ってしまった。

とはいえエリザベス女王をはじめとした英国王室への敬意が溢れながらも

ロマンチックな作りになっていて90分と少しながらとても

満足でした。